【2020年版】数少ないFlutterのオススメ参考書・本・書籍をランキング形式で紹介

これからのアプリ開発は、Flutter!

ということで、iOSエンジニアの僕も、Flutterに挑戦していきたいと思います。

そこで、今回は、現在ある数少ないFlutterの参考書を全てレビューしていきたいと思います。

Flutterとは?

簡単に言うと、Googleが開発している、クロスプラットフォームの開発技術です。

現在、基本AndroidアプリはAndroidStudio、iOSアプリはXcodeというそれぞれの開発環境で開発を行わなければなりません。

しかし、このFlutterを使えば、AndroidアプリとiOSアプリを1つのコードで一気に作れます。

開発コストが低く、早く作成できるので、今注目されている開発技術です。

しかし、現状とても学びにくいです。

ネット上で買えるFlutterの良さそうな参考書は、たった4つだけでした。(英語版、Dart言語の参考書は除く)

今回は、この4つの参考書をレビューしていきたいと思います。

Flutterのベストな勉強法は、公式ドキュメントですが、実際公式ドキュメントを勉強しようとしても、何から手をつけて良いかわからなくなります。

そこで、オススメなのが参考書です。参考書でとりあえず手を動かすことです。やるべきことをはっきりさせると勉強が進みます。

 

一番王道のFlutter参考書

基礎から学ぶ
Flutter


この参考書について

どんな参考書?

本書はFlutterを基礎から学べる良書です。現状、Flutterを学ぶ人は、こちらの参考書一択だと思います。

先ほども言った通り、Flutterは、基本的に公式ドキュメントとにらめっこしながら、開発していきます。しかし、公式ドキュメントを読むのが意外と辛いです。
レビューを見てみると、公式ドキュメントの説明でわからなかったところを、本書を読んだらわかったという方が意外といました。
本書は、Flutterの辞書的な使い方をするのに便利です。

Flutterの公式サイトのチュートリアルでは少々説明が難解であったため、当書籍で概要がつかめた。
特に Widgets 関連の解説がかなり役に立った。

引用元:Amazon-(基礎から学ぶ Flutter)

どんな人におすすめ?

iOSアプリやAndroidアプリを開発したことがある方、公式ドキュメントを読むのが辛い方にオススメです。

何を学べる?

たくさんのソースコードでFlutterを基礎から学べます。

評価

難易度
(3.0)
わかりやすさ
(4.0)
オススメ度
(5.0)
Amazon評価
(3.5)

目次

CHAPTER 01スタートガイド
CHAPTER 02Dart
CHAPTER 03ウィジェット
CHAPTER 04Material ComponentsとiOS-Style
CHAPTER 05ライブラリ
CHAPTER 06Flutterの内部構造
CHAPTER 07アーキテクチャ
CHAPTER 08テスト
CHAPTER 09パフォーマンスチューニング

購入する

Amazonで購入する楽天で購入する
Amazonで安く買う方法

 

ちょっと前の王道のFlutter参考書

Android/iOSクロス開発フレームワーク
Flutter
入門


この参考書について

どんな参考書?

現状、競合がなく、これしか発売されていないので、これを買うしかない。
親切丁寧な文章、説明、内容。
数時間で100ページくらい、すらすら読めてしまう。
サンプルプログラムがきちんとしたものは、二個しかないのが、少し残念。
Amazon-(Android/iOSクロス開発フレームワーク Flutter入門)

このレビューは先ほど紹介した参考書がなかった時のレビューです。
そのため、こちらの本がFlutterの参考書で一番王道だったので、「これを買うしかない。」と書かれています。
本書は、実際に手を動かしていく形式になっています。が、この参考書が出版されてから、バージョンアップしたので、バージョンの相違から動かないコードが記載されています。

ただ、基本的な文法や、UIパーツに関する解説はとても丁寧に書かれているので、手を動かす程度には良い参考書だと思います。

どんな人におすすめ?

  • iOSアプリやAndroidアプリを開発したことがある方
  • とにかく基礎を学びたい方
  • 先ほど紹介した参考書では物足りない方
  • とにかく手を動かしたい方

何を学べる?

基本的な文法や、UIパーツ関連をしっかりと学べます。

評価

難易度
(3.5)
わかりやすさ
(4.0)
オススメ度
(3.0)
Amazon評価
(3.5)

目次

Chapter1 Flutterとスマートフォン開発
Chapter2 プログラムの基本を理解する
Chapter3 レイアウトの基本ウィジェット
Chapter4 マテリアルUIの基本
Chapter5 複雑な構造のウィジェット
Chapter6 グラフィックスの描画
Chapter7 ナビゲーション/ファイルアクセス/設定情報/データベースアクセス
Chapter8 アプリ作成の実際

購入する

Amazonで購入する楽天で購入する
Amazonで安く買う方法

 

その他のFlutter参考書

ここから紹介するのは、正直評価が低いものばかりです。
しかし、参考書はあればあるほど知識になります。
ここでは上記の2つの参考書を買った後に買うべき参考書をご紹介します。

Flutter
モバイルアプリ開発バイブル


この参考書について

どんな参考書?

本書は、あまり評価がよくありません。
というのは、公式ドキュメントの説明を日本語化しただけのことが買いてあったり、手順通りやったのに動かなかったりと。。
ですが、公式サイトの復讐がてらに良いかもしれません。

どんな人におすすめ?

  • 公式ドキュメントを読むのが辛い方
  • 参考書を読みあさっている方

何を学べる?

ウィジェットについてやライブラリを学べます

評価

難易度
(4.0)
わかりやすさ
(3.0)
オススメ度
(2.0)
Amazon評価
(3.0)

目次

Chapter1 Flutterとは
1-1 Flutter開発
1-2 既存のクロスプラットフォーム開発
Chapter2 開発環境の構築
2-1 インストール
2-2 各デバイス向けの開発環境
2-3 Flutterアプリケーションの作成
Chapter3 ウィジェット
3-1 ウィジェットの基本
3-2 レイアウトの構築
3-3 画面遷移とウィジェットの状態管理
3-4 アセット管理とアニメーション
3-5 ウィジェットの応用
Chapter4 状態管理
4-1 状態管理の基本
4-2 Scoped Model
4-3 Redux
4-4 BLoC
Chapter5 ライブラリの実装
5-1 パッケージ
5-2 パッケージの実装
5-3 パッケージの公開
Chapter6 サンプルアプリの実装
6-1 要件定義
6-2 ドメインレイヤの実装
6-3 通信部分の実装
6-4 プレゼンテーションレイヤの実装
6-5 ユーザー認証の実装
6-6 ログインの実装
Chapter7 開発の継続
7-1 テストと最適化
7-2 デプロイメント

購入する

Amazonで購入する楽天で購入する
Amazonで安く買う方法

 

Flutter×Firebase
で始めるモバイルアプリ開発


この参考書について

どんな参考書?

本書も、Amazonの評価が少し低いです。
理由は、本書の通り進めてもビルドが通らないためです。コードが古いのか、手順を飛ばしているのか。レビューを見たところ、成功している人はいなさそうでした。

どんな人におすすめ?

Flutter×Firebaseともにどんな感じなのか試したい方にオススメです。
FirebaseとFlutterの参考書はかなり少ないのでそのような方には良本です。

何を学べる?

FirebaseとFlutterの操作を掴むことがきます。

評価

難易度
(4.0)
わかりやすさ
(3.0)
オススメ度
(3.0)
Amazon評価
(3.0)

目次

第1章 FlutterとFirebaseを知ろう
第2章 開発環境を構築しよう
第3章 Flutterをサクッと動かしてみよう
第4章 Flutterの基礎知識を学ぼう
第5章 アプリの仕様を決めよう
第6章 Firebaseの設定をしよう
第7章 一覧画面の実装をしよう
第8章 入力画面の実装をしよう
第9章 登録機能の実装をしよう
第10章 編集機能の実装をしよう
第11章 削除機能の実装をしよう
第12章 ログイン機能の実装をしよう
第13章 共有機能を実装しよう
第14章 多言語化対応しよう
第15章 アプリのアイコンを設定しよう
第16章 スプラッシュ画面を実装しよう
第17章 アプリをリリースしよう(Android版)
第18章 アプリをリリースしよう(iOS版)

購入する

Amazonで購入する楽天で購入する
Amazonで安く買う方法

 

Amazonでお得に買う方法

Amazonの賢い買い方をご紹介します。

Amazonのギフト券で買うと商品を安く買えます。現金でチャージした金額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5000〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000円〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonプライム会員の方だったら、使わなきゃ損ですね。

Amazonプライムなら、kindleで無料で読める参考書も結構あります!

今なら、Amazonチャージ初回購入で1000ポイントもらえるキャンペーンもあります。

 

簡単登録!

Amazonチャージ初回購入で、1000ポイントキャンペーンはこちら

まとめ

Flutterの参考書はまだまだ少ないです。

現状だと、「基礎から学ぶFlutter一択なのかな。と思います。

冒頭でも話した通り、Flutterはプログラミング初心者がいきなりやるようなものではありません

iOSアプリ、androidアプリどちらでも良いので、自分である程度の機能があるアプリを作成できるようになってから挑むものだと思います。

iOSアプリ、Androidアプリ開発でのオススメの参考書の記事も買いているので、そちらも読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です