【Swift/Xcode超入門Part1】iPhoneアプリを開発するには?~Xcodeをインストールしよう~

 

この講座では、プログラミング初心者の方でも、自分で簡単なアプリが作れるようになるまでの知識を丁寧に解説していきます。

この講座を受けると、自分で簡単なアプリが作成できるようになります。例えば、自分に合った日記アプリが無ければ、自分で作る。というふうに。
そして、その自分のアプリを公開して広告をつけると、収益を得ることもできちゃいます。バズったらとんでもないことになる可能性も実際にあります。

さらに、自分でアプリを作れるようになると、仕事に困らなくなります。現にiOSアプリ開発者の需要はかなり高く、案件もたくさんあり、さらに単価が高いです。

サトリク

ということで、アプリ開発を学ぶ価値はかなりあります。

この講座でまずは基礎をしっかり学びましょう!

 

iPhoneアプリ開発のイメージ

まず、iPhoneアプリを開発するイメージについて解説していきたいと思います。

簡潔にいうと、

Macで、Xcodeというツールを使ってSwiftというプログラミング言語で開発していくイメージです。

Mac

Macは最低下必要です。

MacOSのパソコンなら、MacBook Pro、MacBook Air、iMac何でも構いません。

とりあえず、Macがなければ、iOSアプリ開発は始まりません。

Xcode

Xcodeとは、Mac用のAppStoreで無料ダウンロードできるアプリ・ツールです。

iOSは、このXcodeで作っていきます。Macがなければいけない理由は、WindowsではXcodeがインストールできないからです。

Swift言語

Swift言語は、Apple社が開発しているプログラミング言語です。この言語は、iOSアプリ開発のために作られました。

 

で、今回開発するアプリは、iOSアプリなので、AndroidOSでは、動作しませんのでAndroidの方は注意してください。

では、Xcodeをインストールしていきましょう。

Xcodeのインストール手順

STEP.1
サイトにアクセス

まずは、以下のサイトにアクセスしてください。

Xcodeダウンロードサイト

STEP.2
AppStoreにアクセス
App Storeを開くをクリックする画像

左のような画面が出てくるので、「App Store を開く」をクリックしましょう。

STEP.3
アプリインストール

あとは、いつも通りアプリをインストールするだけです。

ちなみに、Xcodeはとても重く、インストールにかなりの時間がかかります。

スペックの高いパソコンでも20~30分、低いパソコンだと、数時間かかります。

STEP.4
Dockに追加
dockに追加しておく画像

インストールできたら、

使いやすいようにDock(下のバー)に追加しておきましょう。

STEP.5
Xcode起動

起動してみましょう!

このような画面が表示されたらインストール完了です!

完了

サトリク

Xcodeがインストールされましたね!?

これで、Xcodeのインストールは完了です。

では、いよいよ次の講座でアプリを開発していきましょう!

 

コメントを残す