サトリクのこだわりのモノ紹介

【すぐわかる】XcodeとSwiftのバージョン確認方法とバージョン早見表

サトリク

どうも、サトリクです。

この記事では、Xcodeと、Swiftのバージョンの確認方法について簡単に解説します。

Xcodeのバージョン確認方法までスキップ

Swiftのバージョン確認方法までスキップ

 

バージョンを確認する理由

バージョンが変わると、動かなくなるコードの記述があります。

前に、ネット上のコードをコピペして見たら、エラーが出て、なんでエラーなんだろうと。ずっと調べていました。結局そのエラーはバージョンが違うことで起きていたエラーでした。

自分のXcode、Swiftのバージョンを把握していれば、エラーの原因がすぐにわかったのに、と時間を無駄にしたことがあります。

よって、自分が使っているバージョンは、把握しておくこと!

 

Xcodeのバージョンを確認する方法

Xcodeのバージョンを確認する方法は、4つあります。

簡単なやり方から紹介していきます。

確認方法① – Xcodeを起動して確認する

Xcodeを起動するだけでバージョンを確認できます。

Xcodeを開いている人は、command + qで一旦閉じてから起動してください。

Xcodeを起動してバージョン確認の画像

この記事を書いている時のバージョンは、11.3(11C29)ですね。

厳密に言うと、Xcodeのバージョンは、11.3で、XcodeのBuildバージョンは、11C29

確認方法② – Xcodeのメニューバーから確認する

Xcodeのメニューバーからバージョン確認する画像

Xcodeを起動し、左上のXcodeAbout Xcodeでバージョンを確認できます。

Xcodeのメニューバーから確認する画像

ちなみに、Acknowledgementsを開くと、PDFで超長い謝辞が開かれます。

License Agreement は、ライセンス規約です。

確認方法③ – アプリケーションフォルダから確認する

 Finder を開きアプリケーションの中のXcodeを選択します。

そうすると、右側でXcodeのバージョンを確認できます。アプリケーションフォルダからバージョン確認する画像

この方法では、Buildバージョンがわかりませんね。

確認方法④ – ターミナルから確認する

ターミナルを起動し、以下のコマンドを打ちます。($は抜かしてください)

ターミナルからバージョン確認する画像

これが一番エンジニアっぽくてかっこいい確認方法ですね。

しかもこれが一番正確です。

Swiftのバージョンを確認する方法

Swiftのバージョンを確認する方法は、一つです。

ターミナルからしか確認できません。

command + スペースを押して、terminalと入力しましょう。

terminalを開く画像

そうすると、黒い画面が開かれるので、そこに、以下のコマンドを打ちましょう。($は抜かしてください)

Swiftのバージョンを確認の画像Swiftのバージョンの画像

これで、僕のSwiftのバージョンが5.1.3ということがわかりました。

言語は特にバージョン次第で、コードが動かなくなることが多いので、しっかりと把握しておきましょう。

  

バージョン早見表

随時更新します。

Xcode Swift リリース日
11.3.1 (11C504) 5.1.3 TBD
11.3 (11C29) 5.1.3 2019/12/13
11.2.1 (11B500) 5.1.2 TBD
11.2 5.1.2 2019/11/07
11.0 5.1.1 2019/10/11
11.0 (11A420a) 5.1 2019/09/19
10.2.1 (10E1001) 5.0.1 2019/04/18
10.2 (10E125) 5.0 2019/03/25
10.1 (10B61) 4.2.1 2018/10/30
10.0 (10A255) 4.2 2018/09/17
9.4 4.1.3 2018/07/27
9.4 4.1.2 2018/05/31
9.3 4.1.1 2018/05/04
9.3 4.1 2018/03/29
9.2 4.0.3 2017/12/05
9.1 (9B55) 4.0.2 2017/11/01
9.0 4.0 2017/09/19
8.3.2 3.1.1 2017/04/21
8.3 3.1 2017/03/27
8.2 3.0.2 2016/12/13
8.1 3.0.1 2016/10/28
8 3.0 2016/09/13
7.3.1 2.2.1 2016/05/03
7.3 2.2 2016/03/21

引用元:Qiita-(XcodeとSwiftのバージョン対応表)

まとめ

この記事では、XcodeとSwiftのバージョン確認方法を紹介しました。

一番クールなやり方としては、やはりターミナルを動かして、xcodebuild -versionどん!swift --versionどん!ですね笑

まぁ、どれでもいいんですけど。。

 

ブランドはじめました

エンジニアの心をくすぐるようなデザイン

購入はこちらから