クイズアプリ開発入門書を書きました。

【1万円台!】Ticovaのオフィスチェアを徹底レビュー!Ticovaの概要から機能、デザインまとめ

サトリク

この記事では、Amazonでかなり売れていて1万円台で購入できる高機能オフィスチェア、Ticovaのオフィスチェアをレビューしていきたいと思います。

Ticovaとは?

Ticovaは家具を販売している会社・ブランドです。しかし、Ticovaで検索しても会社概要的なサイトはヒットしませんでした。(商標はヒットした)そのため、会社概要は不明です。

無名なブランドなので購入がやや不安ですが、無名な分コスパがいいです。

では、そんなTicovaのオフィスチェアを徹底レビューしていきたいと思います。

 

Ticovaのオフィスチェアについて

商品情報

製品名 Ticovaのオフィスチェア
ブランド名 Ticova
値段 ¥17,980
重量 17kg
カラーバリエーション ブラックのみ
タイプ 調整可能なランバーサポートタイプ(¥17,980)
弾力的なランバーサポートタイプ(¥16,980)
フットレスト付きタイプ(¥19,980)
購入サイト Amazon、楽天のみ
保証期間 1年間

ちなみに、にも選ばれています!Amazonが認めたコスパ最強オフィスチェアです。

3つのタイプについて

Ticovaのオフィスチェアには、以下の3つのタイプがあります。それぞれ特徴を解説していきたいと思います。

  • 弾力的なランバーサポートタイプ(¥16,980)
  • 調整可能なランバーサポートタイプ(¥17,980)
  • フットレスト付きタイプ(¥19,980)

スタンダードタイプ(調整可能なランバーサポート)(¥17,980) 

Ticovaのオフィスチェアタイプ1

Ticovaのスタンダードなタイプです。

ランバーサポートが調整できます。

弾力的なランバーサポートタイプ(¥16,980)

Ticovaのオフィスチェアタイプ2

弾力的なランバーサポートタイプです。ランバーサポートの調整ができない代わりに、丸くなってより腰をサポートするようになっています。

値段は、スタンダードと比べて1000円ほど安く購入できます。

フットレスト付きタイプ(¥19,980)

Ticovaのオフィスチェアタイプ3

このタイプは、スタンダードタイプにフットレストが付きました。

値段は、スタンダードと比べて2000円ほど高くなっています。

フットレストは収納式なので、邪魔になるということはなさそうです。

まとめると、

  • 調節できないランバーサポートに一段階グレードダウンするか、
  • フットレストをつけて一段階グレードアップするか、
  • スタンダードモデルを買うか、

の三択になります。

弾力的なランバーサポートタイプを購入すべき人
  • 1000円でも安く買いたい方
  • 一般的に普通体型な方(小柄すぎず、大柄すぎない方)
フットレスト付きタイプを購入すべき人
  • 予算的にちょっと高くなってもいい方
  • 作業中にリラックスしたい方
  • フットレストを広げても大丈夫なスペースがある方

サトリク

上記の項目に少しでも当てはまらない方は、無難にスタンダードタイプが良いと思います。

機能について

正直、1万円台でこれほどの高機能なオフィスチェアは、Ticova意外にありません。本当にコスパのいいオフィスチェアです。では、機能一つ一つ解説していきたいと思います。

調整可能ランバーサポート

注目の機能はなんと言ってもこのランバーサポートでしょう。

この値段でランバーサポート付きはなかなかありません。

このランバーサポートは、かなり優秀です。

まず、上下の調整ができます。これによってどんな体型の方でもフィットする位置に調整できます。

次に、奥行きの調整ができます。この調整によって体勢ごとにフィットする位置に調整できます。

つまり、どんな人でもどんな体勢でもランバーサポートをしっかりとフィットした位置に調整できるのです。これだけでもTicovaのオフィスチェアを買う価値があると思います。

あらゆるところが調整可能

調整できるのはランバーサポートだけではありません。他のところも調整しまくりです。

ロッキンング機能

140°のロッキングができます。リラックス時はフットレストを出して140°のロッキングしてリラックスします。揺れの弾力の強さも調整できます。自分の体重に合わせて調整しましょう。

肘掛

肘掛が7cmの幅で上下に調整できます。パソコンを打つ体勢に合わせて肘掛を調整することで、肩から腕にかけての負担を大幅に減らすことができます。これがあるかないかで、デスクワークの疲れがだいぶ違います。

ヘッドレスト

ヘッドレストは、上下と角度を調整できます。リラックス時と作業時に分けて調整しましょう。頭を支えられるだけで姿勢がいい状態で作業できます。

脊椎にフィット

Ticovaは、人間工学に基づいて設計されています。

そのため、背もたれが、脊椎にフィットするようなS字曲線になるように作られています。

柔らかいクッション

クッションはかなり柔らかい方です。たまにクッションが薄くて体重をかけると中の金属の感触がしますが、Ticovaは厚くて柔らかくできているのでその心配はありません。

全体の大きさ

座面は、52cm✖️52cmと、かなり広めになっています。

座面下も42cm〜52cmなので小柄な女性の方でも難なく座れると思います。

 

Ticovaのオフィスチェアのデメリット

安くて高機能の最強なTicovaのオフィスチェアですが、デメリットも当然あります。

耐久性が微妙

耐久性がやや低いです。

レビューにも少しみられますが、座面を上下に調整するガスシリンダーが壊れてしまったり、軋む音がするようになったりと耐久性はやや低いです。

しかし、保証が1年ついているので1年以内だったら交換可能です。

5年以上使っていきたい方は他のオフィスチェアを考えた方がいいかもしれません。

欠品報告が多い

レビューでも多く報告されています。欠品が多いです。中国製なので、そこら辺は仕方ない気がしますが。。でも欠品があっても報告すればしっかりと届きますので、いますぐ欲しいという方意外には問題ないと思います。

 

Ticovaのオフィスチェアの評判、口コミ

Twitter

Amazon

組み立ては、専用の工具や予備のネジ、作業用の軍手も入ってますのですぐに開始でき、ものの30分ぐらいで出来上がりました。
リクライニングも、角度を固定できるのでちょっとした昼寝にも使えます。ヘッドレストの高さも調整できるので首も疲れません。
肘掛けの高さやランバーサポートの高さや深さが調整できるのもすごいと思いました。
ほとんどの方の体型に対応できるのではないでしょうか。

引用元:Amazon-(Ticova オフィスチェア)

イスに1万5千円は高いかな、と購入をためらったが買ってよかった。イスの座る部分が安物と違って座りごごちが良い。イスの組立はめんどくさいが、簡単である。もう少し背もたれがたおれるともっとよかった。

引用元:Amazon-(Ticova オフィスチェア)

9月末に数量限定タイムセールがあり、少し安く購入できました。
まだ使用し始めたばかりですが、全体的に安定していて、キャスター移動もスムーズです。
クッションがメッシュタイプではないので、少し蒸れるかなあという感じはありますが、座り心地が良いです。
ヘッドレストも、前の方の位置まで調整できるので、仕事で使う時に頭を支えることができて首が楽です。
高さなども調整できるので、私にとってはサイズ的にもちょうど良かったです(身長180です)。
購入して良かったです。

引用元:Amazon-(Ticova オフィスチェア)

 

どんな人におすすめ?

安いオフィスチェアを探している方

安くて、高機能なオフィスチェアを探している方におすすめです。これだけコスパいいオフィスチェアはなかなかありません。あるとしたら、Hbadaというコスパ最強のオフィスチェアのブランドくらいですかね。

そちらの方も見て比較してもいいかもしれません。

【コスパ最強】HBADAのオフィスチェアおすすめ7選〜HBADAの評判や会社概要は?徹底レビュー〜

とりあえず、臨時でオフィスチェアが欲しい方

先ほどデメリットでも言ったとおり、耐久性が少し低いです。そのため、5年以上使いたい。という方にはおすすめできません。3、4年くらいなら使っていけそうです。

そのため、とりあえず、しっかりとしたオフィスチェアが決まるまでとか、コロナでのテレワーク期間を凌ぐためとかそういう時ならこのオフィスチェアはかなりおすすめですね。

もっといいオフィスチェアを探しているなら、ここら辺の記事をみてみるといいかもしれません

【2021年版】3万円台で買えるおすすめのオフィスチェア17選〜3万円あれば結構いいオフィスチェアが買えます。〜

 

サトリク

購入はAmazonが一番いいと思います。1000円OFFクーポンがありますので!

さらに、チャージしてから購入するともっと安くなります!

 

まとめ

ここまで、Ticovaのオフィスチェアについてまとめてきました。

ここまで安くて高機能なオフィスチェアはなかなかありません。Amazon’s Choiceにも選ばれているオフィスチェアなので、かなり売れていますし、すぐ売り切れになってしまいます。

在庫があるときに購入しておきましょう!

他にもオフィスチェアについての記事を書いているのでよかったら読んでみてください。