【Swift/Xcode超入門】Storyboardファイルとプログラムファイルの関係

サトリク

この講座では、storyboardストーリーボードファイルと、プログラムファイルの関係性について解説していきたいと思います!

storyboardファイルと、プログラムファイルの関係性

storyboardファイル

storyboardファイルとは、〇〇.storyboardという名前のファイルのことをいいます。

プログラミングコードを書かずに(GUIで)、画面のレイアウトを決めることができます。設計書というイメージですね。

プログラムファイル

プログラムファイルとは、〇〇.swiftという名前のファイルのことをいいます。

このファイルは、プログラミングコードを書くファイルです。

新規で作成すると、〇〇.swiftファイルは、3つあります。

3つありますが、AppDelegate.swiftとSceneDelegate.swiftは、滅多に使いませんので、初心者の方は無視してても大丈夫です。

基本的には、〇〇ViewController.swiftというファイルを使っていきます。

Storyboardとプログラムファイルの関係

基本的には、ViewController.swiftファイルと、storyboardの1つの画面はセットです。

この考え方がとても重要になってきます。

前回の講座で、画面遷移の進む画面と戻る画面がある、画面遷移するアプリを作りました。前回の講座の流れで言うと、

プロジェクトを作成したときは、Main.storyboardの最初からある画面と、ViewController.swiftが1セットになっていました。
そこからMain.storyboardに戻る画面を追加し、swiftファイルを作成し、セットにしました。

と言う感じです。

前回の講座のプロジェクトで関係性を確認

STEP.1
プロジェクトを開く

まずは、前回の講座のプロジェクトを開きましょう。

STEP.2
進む画面を確認

①Main.storyboardを選択

②画面の上のバーをクリック

(Show the Identity inspector)を選択

④Classを確認

ここでセットこの画面と、ViewControllerがセットになっていることが確認できました。

プロジェクト新規作成後、Main.storyboardの最初の画面と、ViewController..swiftは必ず最初からセットになっています。

STEP.3
戻る画面を確認

次は、戻る画面を確認してみましょう。

①戻る画面の上のバーをクリック

②  (Show the Identity inspector)を選択

③Classを確認

戻る画面には、NextViewControllerがセットになっていることが確認できました。

このように、一つの画面は一つのプログラムファイルとセットになっています。

完了

 

まとめ

 

覚えること
  • 1画面と、ViewController.swiftはセット

 

次の講座では、画面遷移と、入力フォームを使ったアプリを作成していきたいと思います。

 

ゼロから学ぶiPhoneアプリ開発入門


もっとみる