サトリクのこだわりのモノ紹介

【エラー対処】Firebaseで「waiting for developer」エラーが発生した。

サトリク

どうも、サトリクです。

この記事は、Firebaseでの「waiting for developer」エラーについて対応方法を紹介していきたいと思います。

現象

個人で作成しているアプリを、友達にテストしてもらおうと、友達の端末に入れようとしたら、以下のように、ダウンロードできませんでした。

waiting for developerエラーの画像

ダウンロードボタンである場所が、Waiting for developerになっている。

Waiting for developerをGoogle翻訳で直訳すると、開発者を待っていますです。

まぁ、開発者の許可を待っています。みたいな感じだと思いました。

というわけで、友達は何も悪くなくないです。悪いのは、開発者自分です。

が、しかし、自分の端末では、普通にダウンロードボタンが出てきて、インストールも正常にできます。

エラーを出すまでの過程

STEP.1

Firebaseにプロジェクトを登録

STEP.2

product→archive→Distribution App→ipa作成

STEP.3

Firebaseにドラッグ&ドロップして、配信

STEP.4

プロファイルインストール

STEP.5

↑あの画面でダウンロードできたので、友達にも同じ手順をやってダウンロードしてもらう。

STEP.6

友達:え?これダウンロードできないよ?

自分:え?うそ。

今ここ

困った。

がしかし、ちょっと調べただけでわかった。

 

「Waiting for developer」エラーの原因

原因は、UDIDを登録していないからでした!

UDIDの追加方法

以下のようなメールが届いでいるはずです。

Waiting for developerエラーの対処Gmail

①UDIDをコピーする

②「デバイスを追加」をクリックする

Waiting for developerエラーの対処AppleDeveloper

PlatformにiOS,tvOS,watchOSを選択する(Macの人は、MacOSを選択)

Device Nameに適当な名前をつける。

③先ほどコピーしたUDIDを貼り付ける。

④「Continue」をクリックする

これで、UDIDの登録が完了しました。

がしかし、登録したからってすぐダウンロードできるようにはなりません。

もう一度、ビルドしなければなりません。

もう一度ビルドすると、ダウンロードボタンが出てくるはず!!

公式サイトの手順

https://firebase.google.com/docs/app-distribution/ios/distribute-console?hl=ja

そもそもUDIDとは?

この際に、UDIDとは何者かを知っておきましょう。

Unique Device Identifierユニーク・デバイス・アイデンティファイア

簡単に言うと、iPhoneやiPadなどのApple製品に製造時に一台一台、割り振られている番号のことです。同じUDIDは存在しません。

UDIDは基本的に人に教えない方が良いでしょう。この情報で、利用者の行動履歴なども見れてしまいます。

まとめ

僕みたいに、こんな初歩的なエラーする人がいるのかなと思いつつ記事を書いていました。。。役に立ったら、コメントで教えてください!

そして、これから神ツール、Firebaseを積極的に使っていきたいと思います。

エラーが出たらその都度記事にしていきたいと思います。

サトリク

Swift関連の記事をたくさん書いているので、時間があったら読んでみてください。

 

ブランドはじめました

エンジニアの心をくすぐるようなデザイン

購入はこちらから