サトリクのこだわりのモノ紹介

【マズローの欲求五段階説】あなたの欲求はどのレベル?自分の欲求を確かめよう!

サトリク

このページでは、マズローの欲求五段階について徹底解説します。

人間誰しも必ず欲求があると思います。その欲求をマズローという偉人が、欲求に段階をつけました。

あなたはどの段階の欲求ですか?

 

マズローの欲求五段階

マズローの欲求五段階とは、人間の欲求を五段階で表したものです。

マズローの欲求五段階説の画像
左の図を見てください。

人間の欲は、下から順序に満たされます。

一番下の「生理的欲求」が満たされると、その上の「安全の欲求」が強くなり、「所属と愛の欲求」が満たされると、「承認の欲求」が強くなり、次は「自己実現の欲求」。というようになっています。

マズローは人間の欲は、このようになっていると提唱しています。

マズローの欲求五段階説を唱えた人

アブラハム・ハロルド・マズロー(Abraham Harold Maslow, 1908年4月1日 – 1970年6月8日)は、アメリカ合衆国の心理学者。

ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。彼は人間性心理学の最も重要な生みの親とされている。これは精神病理の理解を目的とする精神分析と、人間と動物を区別しない行動主義心理学の間の、いわゆる「第三の勢力」として、心の健康についての心理学を目指すもので、人間の自己実現を研究するものである。彼は特に人間の欲求の階層(マズローの欲求のピラミッド)を主張した事でよく知られている

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)-(アブラハム・マズロー)

サトリク

では、欲求を1つ1つ紹介していきましょう。

さらに、各欲求ごとに、欲求を満たせる商品を紹介していきます!

第一段階:生理的欲求

生きるために必要な欲求です。

「食欲」「睡眠欲」「排泄欲」などがこの欲求に入ります。生理的欲求がなければ、生きることが難しくなります

特に「極端なまでに生活のあらゆるものを失った人間では,生理的欲求が他のど んな欲求よりも最も主要な動機づけとなる」

引用元:一橋論叢-(マズローの欲求階層理論とマーケティング・コンセプト)

サトリク

この論文でも言っている通り、この欲求が何よりも強くなっています。

生理的欲求を満たす商品を紹介

サトリク

最高に快適な環境で睡眠を取ると、全く疲れなくなります。

枕を変えるだけで、睡眠の質をグッとあげることができます。

また、「スタンフォード式最高の睡眠」という本は絶対読んでおいたほうがいいですね!この本がきっかけで睡眠の質をグッとあげることができました!

第二段階:安全の欲求

その名の通り、安全の欲求です。

この欲求は、第一段階の生理的欲求が満たされると強くなります。

人間にこの欲求がないと、病気になる人や、事故を起こしてしまう人が多くなります。また、安全な暮らし、安全な環境、安定的な経済的の欲求もこの安全欲求に当てはまります。

一般には通常の健康な成人では満たされているが,戦争,病気,天災,犯罪増加,社会の崩壊,神 経症,頭脳障害,慢性的な悪条件の時などの緊急事態に於て活発に現れる。

引用元:自己実現プロセス・モデル構築への一試論-(一マズローの欲求五段階説から一)

この論文が言っている通り、満たしていても、緊急事態に急に現れます。緊急事態になり、この欲求が強くなると、第三段階以上の欲求が弱くなります

安全の欲求を満たす商品を紹介

サトリク

安全は何よりも大切です。

僕は、2019年10月12日頃地球規模最大の台風がきましたが、その時に備えて以下のようなものを買いました!

「ハーバード」、「スタンフォード」など、有名大学名が付いている本は絶対面白いです。超おすすめです!読んでるとかっこいいし笑

第三段階:社会的欲求 / 所属と愛の欲求

これは、人に受け入れられたい欲求のことです。

何かあった時は、戻る場所があったり、必ず自分を受け入れてくれるコミュニティがあったりすると、この欲が満たされます。この欲求が満たされないと、孤独感や不安を感じやすくなります

この欲求が満たされないと、第二段階に戻りやすいです。というのは、健康に最も悪いものは孤独です。孤独の状態が続くのは不健康状態が続くと言っても過言ではありません。

「愛の欲求は与える愛と受ける愛の両方 を含むことを見逃してはならない」

引用元:自己実現プロセス・モデル構築への一試論-(一マズローの欲求五段階説から一)

サトリク

愛は必要ですね。

そーいえば、自分も孤独を感じすぎて入院したことあります。。

社会的欲求 / 所属と愛の欲求を満たす商品を紹介

サトリク

そんな時に以外に役立つのがマッチングアプリです。

最近は、このようなマッチングアプリで出会う人たちが多くなってきました。少し昔は、このような出会い系は詐欺やボットが多かったのですが、ネット時代の今はそんなことありません。

これは、日本で最大級のマッチングアプリです。

サトリク

大人になると、出会いが少なくなりますよね。孤独になる前に、こういう界隈に入っておくと、以外とこの欲求は満たされますよ。

第四段階:承認(尊重)の欲求

人から尊敬されたい認められたいという欲求です。

無欲な人でも、この欲があります。出世したいと思うのは、この欲が強いからです。大勢の人からすごいと思われるのはとても気持ちがいいはずです。

また、人に優しくしすぎる人もこの欲が強い場合が多いです。人に優しくするのは優しいと思って欲しいからです。

最近で言えば、オンラインのスマホゲームも承認欲求を満たしてくれます。強くなれば強くなるほど、人に頼られますからね。

サトリク

この欲求は満たすととても満足する場合が多いですが、失うと劣等感、弱さ、無能さを感じてしまいます。

「自尊心の欲求に満足を与えることは,自信,価値,強さ,可能性,適切 さ,有用性や必要性などの感情へと通じている。ところが逆に,これらの欲求のじゃまをすれば, 劣等感,弱さ,無能さの感情を生み出す」

引用元:自己実現プロセス・モデル構築への一試論-(一マズローの欲求五段階説から一)

第五段階:自己実現の欲求

その名の通り、自己実現をしたいという欲求です。今までの欲求を全て満たしているとこの欲求が強くなります。

自分の可能性を信じて、行動しまくるとこの欲求が満たされます。しかし、うまくいかない場合、どん底に落ちることがあるので、気をつけなければなりません。

この欲求まで達成できる人は少ないと言われています。また、この欲求があっても、どこかの欲求が欠損している場合もあります。

社会的欲求 / 所属と愛の欲求を満たす商品を紹介

サトリク

自己実現の欲求を満たすには、ブログがおすすです。

ブログは書けば書くほど、評価されるブログになり、アクセス数が増えていきます。毎日ブログを書くようになると、前に進んでる感が出てこの欲求を満たすことができます。

ブログの作成の仕方は、こちらの記事で解説しています。

ブログを作成してみる

ここまで、マズローの欲求五段階説の1つ1つの項目について解説してきました。

これらの欲求五段階は、第一段階の欲求が100%満たされてから次の欲求に行くのではなりません。マズローはこのように言っています。「たぶん一般の人の生理的欲求の 85%,安全の欲求の70%,愛の欲求の50%,自尊心の欲求の40%,自己実現の欲求の10%は満たさ れているであろうということである」

つまり、第一段階の欲求が満たされると、次のメインの欲求が第二段階に移るというイメージです。常に他の欲求はありますが、メインとなる欲求は基本段階通りに進んでいくということです。

サトリク

しかし、そう言っても納得できない人がいると思います。

そのような方は、次のパターンも見てみてください。

違うモデルの欲求五段階

そこで、マズローの欲求五段階説に基づいたパターンをP・ハーシ、K・H・プランチャードが以下のような欲求パターンを提唱しました。

パターンA

マズローの欲求五段階のパターンAの画像

これは、先ほど解説した欲求五段階説です。

パターンB

マズローの欲求五段階のパターンBの画像

パターンBの階層欲求は、生理的欲求が低い形になっています。

つまり、朝昼夜のご飯は、最低限な量でよく、美味しさ、満腹さを全く求めないような方の欲求階層です。

また、所属と愛の欲求がとても大きいため、この欲求に当てはまるのは、女性が多いのではないでしょうか。

パターンC

マズローの欲求五段階のパターンCの画像

パターンCもパターンBと同じく、食に関しては、食べられればよく、美味しさや満腹さを求めません。

自己実現をするために生きているので、それ以外の欲求は割と少なめです。

ストイックな方はこの階層欲求に当てはまります。例えば、自分の肉体づくりが好きな方は、まさにこれに当てはまりますね。美味しさよりプロテイン。みたいな感じです。

自己超越

先ほど、欲求五段階を解説しましたが、マズローは、晩年に欲求の五段階の上に、もう1つ段階があると提唱しています。それは、「自己超越」です。

自己超越とは、自分を忘れ、他の欲求なんか気にせず、目的を果たすために夢中になっていることです。

よく心理学の本に出てくる、ミハイ・チクセントミハイが提唱した、「フロー状態」が常に続いているような感じですね。

この欲求レベルに達する人は、全人類の2%程度と言われています。

フロー状態とは?

人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ゾーン、ピークエクスペリエンス、無我の境地、忘我状態とも呼ばれる。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)-(フロー (心理学))

サトリク

超集中モードのことですね。

僕は、ゲームやってるときや、ブログを書いているときはよくフロー状態に入ります。

フロー状態は、高いパフォーマンスで、集中し、他のことは一切考えないことです。

皆さんはどの欲求パターンに当てはまり、どのレベルの階層でしたか?

これがわかってくると自分のやるべきことがわかってきます。

サトリク

ちなみに、僕はパターン③の安全欲求のところでした。。

まとめ

ここまで、マズローの欲求五段階について詳しく解説してきました。

マズローの五段階欲求まとめ
  • マズローの欲求五段階とは、人間の欲求を五段階で表したもの
  • 第一段階の生理的欲求は、生きるために必要な欲求
  • 第二段階の安全の欲求は、その名の通り、安全の欲求
  • 第三段階ノー社会的欲求 / 所属と愛の欲求は、これは、人に受け入れられたい欲求
  • 第四段階の承認(尊重)の欲求は、人から尊敬されたい認められたいという欲求
  • 第五段階の自己実現の欲求は、その名の通り、自己実現をしたいという欲求
  • マズローの欲求五段階以外のパターンがある。
  • パターンBは、所属と愛の欲求が強く、生理的欲求が少ない。
  • パターンCは、生理的欲求が少なく、自己実現の欲求が高い。
  • 欲求五段階の上に、自己超越という欲求が存在する。
  • 自己超越とは、自己実現のために、フロー状態で行うことである。

 

 

ドア・イン・ザ・フェイスを友達に教えてあげよう。

この記事のURLをコピーする
心理学もっと読む?画像

もっと学ぼう

心理学一覧はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。