【画像つき】2020年版AppStoreに公開するまでの全手順まとめ【前編】

サトリク

この記事では、AppStoreに公開する手順を画像付きで解説します。

現在、AppStoreに公開する手順の記事はあるのですが、Apple Developerサイトのデザインが変わって少し手順が違うので、今回自分のアプリをリリースするついでに記事にしていきたいと思います。

画像なしの手順はこちらから。

【画像つき】2020年版AppStoreに公開するまでの全手順まとめ【前編】

意外と長いので、前変、後編で分けます。

対象者

  • AppStoreに公開する手順を毎回忘れる人
  • 自分

環境

item Version
Swift 5.1.3
Xcode 11.3

手順1:Certificate作成

まずは、Certificateサーティフィケート作成をします。

STEP.1
キーチェーン起動

キーチェーン起動

command + スペースでSpotlightを呼び出し、キーチェーンと入力し、キーチェーンアクセスを起動

STEP.2
認証局に証明書を要求

認証局に証明書を要求の画像

キーチェーンを起動したら、左上のメニューから、「キーチェーン」→「証明書アシスタント」→「認証局に証明書を要求…」をクリック

STEP.3
証明書情報登録

証明書情報登録

入力項目 入力例
①ユーザのメールアドレス 自分のメールアドレス
②通称 自分の名前
③CAのメールアドレス 空欄でOK
④要求の処理 ディスクに保存
STEP.4
ディスクに保存

ディスクに保存の画像

わかりやすい場所に保存しましょう。

STEP.5
完了画面

完了の画像

この画面になったら、「Certificate作成」は完了です。

完了

手順2:Certificateをアップロード

手順1で作成したCertificateをApple Developerサイトにアップロードします。

STEP.1
Apple Developerサイトにアクセス
STEP.2
「Certificates,Identifiers & Profiles」をクリック

「Certificates,Identifiers & Profiles」をクリック

STEP.3
「+」プラスボタンをクリック

プラスボタンを押下する画像

「+」プラスボタンをクリック

STEP.4
「iOS Distribution(App Store and Ad Hoc)」をクリック

iOS  Distribution を選択の画像

「iOS Distribution(App Store and Ad Hoc)」をクリック

STEP.5
「chooce file」をクリック

chooce fileをクリックの画像

「chooce file」をクリック

STEP.6
手順1で作成したCertificateを選択

手順1で作成したCertificateを選択の画像

手順1で作成したCertificateを選択

STEP.7
「continue」をクリック

「continue」をクリックの画像

ファイルが選択されていることを確認して、「continue」をクリック

STEP.8
「Download」をクリックして保存

「Download」をクリックして保存の画像

「Download」を押してわかりやすい場所に保存しましょう。

僕は手順1で作成した「Certificate」と同じ場所に保存しました。

完了

ダウンロードできたら「Certificateアップロード」は完了です。

手順3:キーチェーンに証明書を追加

手順2で作成した.cerファイルをキーチェーンに追加します。

STEP.1
手順2で保存したファイルを開く

iOS_distribution.cerをクリックの画像

手順2で作成したファイル(拡張子が.cer)をダブルクリック

STEP.2
「追加」をクリック

キーチェーンに照明賞を追加の画像

「追加」をクリック

完了

これで「キーチェーンに証明書を追加」は完了です。

手順4:App ID作成

STEP.1
Apple Developerサイトにアクセス
STEP.2
「Certificates,Identifiers & Profiles」をクリック

「Certificates,Identifiers & Profiles」をクリック

STEP.3
「identifiers」で「+」プラスボタンをクリック

identifierを押してプラスボタンを押下する画像

①「identifiers」を選択クリック

②「+」プラスボタンをクリック

STEP.4
「App iDs」を選択して「continue」をクリック

App iDsを選択してcontinueの画像

①「App iDs」を選択

②「continue」をクリック

STEP.5
「continue」をクリック

「continue」をクリック

STEP.6
App IDの情報を登録

アプリ名とBundleIDを入力し、registerボタンをクリック

①「Distribution」にアプリ名を入力

②「BundleID」を選択して、アプリのBundleIDを入力。

BudleIDの確認方法の画像

①Xcode起動

②xcodeprojのアイコン(青いアイコン)をクリック

③「TARGET」をクリック

④「General」をクリック

Bundle IdentifierというのがBundleIDのこと

STEP.7
確認して「register」をクリック

確認して、registerをクリックの画像

BundleIDに間違いがないか確認して「register」をクリック

STEP.8
identifiersを確認

identifiersを確認の画像

先ほど追加した、Idntifierがあることを確認

完了

手順5:Provisioning Profile作成

STEP.1
Apple Developerサイトにアクセス
STEP.2
「Certificates,Identifiers & Profiles」をクリック

「Certificates,Identifiers & Profiles」をクリック

STEP.3
「Profiles」を選択して「+」プラスボタンをクリック

①「Profiles」を選択

②「+」プラスボタンを選択

STEP.4
「App Store」を選択して「continue」をクリック

AppStoreを選択してcontinueをクリックする画像

①App Storeを選択する

②「continue」をクリック

STEP.5
AppIDを選択して「continue」をクリック

①手順4で登録してAppIDを選択する

②「continue」をクリック

STEP.6
Profileを選択して「continue」をクリック

Profileを選択しcontinueをクリックの画像

①先ほど作成した、Prpfileを選択

②「continue」をクリック

STEP.7
Provisioning Profile Nameをつけて「Generate」をクリック

わかりやすいなまえをつけていregisterをクリックの画像

①わかりやすい名前をつける

②「Generate」をクリック

STEP.8
確認して「Download」をクリック

確認して「Download」をクリックの画像

AppIDが正しく選択していることを確認して、「Download」をクリック

STEP.7
identifiersを確認

ダウンロードされていることを確認する画像

Provisioning Profileがダウンロードされていることを確認

完了

サトリク

意外と長かったので前編と後編に分けます。

後編はこちら

【画像つき】2020年版AppStoreに公開するまでの全手順まとめ【後編】