サトリクのこだわりのモノ紹介

【図解】Eclipseを使ってJavaでHelloWorldと表示してみよう!

 

この記事では、基本中の基本の「HelloWorld」のプログラムを作成して実行してみます。全てのプログラマーはここから始まったと言っても過言ではないですね。インストールが終わってない方はこちら→「インストールの手順

サトリク

実行!

Hello world!

eclipse

Hello world!と表示させるプログラムを作成する過程は、以下の手順になります。

 

1.プロジェクトを作成
2.クラスを作成
3.Hello world!を出力するプログラムコードを作成
4.実行
5.完成

1.プロジェクト作成手順

ファイル→新規→Javaプロジェクトを選択します。

①プロジェクト名に「Test」と入力します。※頭文字は大文字

②以下の項目をチェック
  • デフォルト・ロケーション

  • 実行環境JREの使用

  • ソースおよびクラス・ファイルのルートとして使用

③完了ボタンを押しましょう

そうすると、このようなウィンドウが出てきますので、「作成しない」を選択しましょう!

完成の画像

これでプロジェクトが完成しました!

サトリク

次は、クラスを作成しよう!

2.クラスを作成しよう!

srcにカーソルを合わせて右クリックの画像

srcにカーソルを合わせて右クリックしてメニューを表示しましょう。

クラスを選択の画像

新規→クラスを選択しましょう

クラス名を入力する画像

名前(クラス名)にHelloWorldと入力しましょう。

画像の通りにチェックマークをつけて完了をクリック!

このような階層になるはずです。

今までの手順で、Testというプロジェクトを作成して、HelloWorldというクラスを作成しました!

サトリク

あとは、コードを作成して実行するだけです!

3.HelloWorldのコードを作成しよう!

クラスを選択した状態で、以下のコードに張り替えてください。(上書き)

public class HelloWorld {

	public static void main(String[] args) {
		System.out.println("Hello world!");
	}

}


このコードの詳しい説明はこちら→「Hello world」を読み解く

ダブルクリックして丸っと張り替えする画像

①HelloWorld.javaをダブルクリックして右側にソースを表示。

②上記のソースをcommand + cでコピー。

command + aで全選択してcommand + vで上書き。

command + sで保存。

サトリク

これで、Hello world!と表示するコードが完成しました!

4.実行しよう!

HelloWorld.javaを右クリックしてソースを表示する画像

Hello world.javaで右クリック

実行のJava アプリケーションを選択する画像

実行→Java アプリケーションを選択します。

サトリク

コンソールというウィンドウを見てみましょう!Hello worldと表示されていたら成功です!

HelloWorld成功の画像

Hello world!の部分を好きな文字に変えて実行してみてください。その通り表示されるはずです。当然日本語でも表示されます!

 

基本中の基本の操作「コードを書く→実行→コンソールを確認」

 

サトリク

次は、基本的な使い方を学びましょう!