サトリクのこだわりのモノ紹介

Eclipseとは?コードネームは、ガリレオから始まっていた!?

 

今、大学や専門学校でプログラミングを習っている人は、必死に教科書を元にJavaを勉強していると思います。ですが、Eclipseの勉強を必死にやる人はいません。なぜでしょうか。Eclipseを完璧にマスターすると、Javaの構成がわかってきます。ですから、Javaを勉強する前にEclipseを勉強するべきでしょう

こんな人にオススメ
  • これからEclipseをインストールして勉強する方
  • Eclipseを触ったことがない方
  • Javaが全くわからない方
  • 出来るだけ早くコードを書きたい方

Eclipseとは?

Eclipseとは、簡単に言うとプログラムを書くアプリケーションです。
Eclipseの詳しい説明や歴史などより早く触ってみたいと言う方はスキップ→「インストールしてみよう

 

IDE(統合開発環境)Integrated Development Environment

Eclipseとは、アメリカのIBM社で開発されたIDE( 統合開発環境 とうごうかいはつかんきょう )です。特にJavaの統合開発環境として認識されています。

 

Eclipseの読み方や単語の意味

読み方は、「エクリプス」または「イクリプス」と呼ばれています。本来の「Eclipse」の意味は、日食です。Eclipseのアイコンは日食を表してるんですね

 

Eclipseの歴史

Eclipseの歴史を表にまとめてみました。

年月 コードネーム リリースのバージョン
1998年11月 Eclipseの開発開始
2001年1月 Eclipse 1.0がリリース
2004年6月 Eclipse 3.0がリリース
2005年6月 Eclipse 3.1がリリース
2006年6月 Callisto(カリスト) Eclipse 3.2がリリース
2007年6月 Europa(エウロパ) Eclipse 3.3がリリース
2008年6月 Ganymede(ガニメデ) Eclipse 3.4がリリース
2009年6月 Galileo(ガリレオ) Eclipse 3.5がリリース
2010年6月 Helios(ヘリオス) Eclipse 3.6がリリース
2011年6月 Indigo(インディゴ) Eclipse 3.7がリリース
2012年6月 Juno(ユノ) Eclipse 4.2がリリース
2013年6月 Kepler(ケプラー) Eclipse 4.3がリリース
2014年6月 Luna(ルナ) Eclipse 4.4がリリース
2015年6月 Mars(マース) Eclipse 4.5がリリース
2016年6月 Neon(ネオン) Eclipse 4.6がリリース
2017年6月 Oxygen(オキシゲン) Eclipse 4.7がリリース
2018年6月 Photon(フォトン) Eclipse 4.8がリリース
知ってるとかっこいい

上の図を見るとわかりますが、毎年6月のリリースと同時にコードネームが変更されています。
最初の赤文字のコードネームは、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが発見した3つの木星の衛星の名前にちなんでつけられています。
その次からは、頭文字がガリレオの「G」から始まり、アルファベット順(G、H、I、J)になっています。

余談として覚えておきましょう笑

Eclipseの機能

 

Eclipseのメリット
  • プラグインが使用できる
  • マルチプラットフォーム
  • コードが書きやすい
Eclipseのプラグインの画像

プラグインで拡張できる

プラグインとは、アプリの機能を拡張するプログラムのことです。Eclipseには多くのプラグインが存在しています。Eclipseは主にJavaを使いますが、このプラグインによって色々なプログラミング言語を扱えるようになります。

プラグインについての記事はこちら

mulchplatform

マルチプラットフォーム

Eclipseはマルチプラットフォームです。マルチプラットフォームというのは、Windows、Linux、macOSそれぞれに対応していることを意味します。ですので、Eclipseでの開発は、全てのOSで簡単に共有することができます。

コードフォーマットもできるEclipse

コードが書きやすい

書いているコードを自動で補完してくれたり、コードを色分けして見やすくすることや間違いが瞬時にわかるなど、とても書きやすいです。ミスも少なくなります。

コードのフォーマットチェックも欠かせない機能ですね。

 

Eclipseのデメリット
  • 立ち上がりや動作が重い
  • Eclipseに慣れると危険
Eclipseが立ち上がりが遅くて困ってる画像

立ち上がりや動作が重い

Eclipseのデメリットの1つは、動作が遅いことでしょう。立ち上がりに20秒以上かかります。時には、固まったりするので、なるべく、Eclipseを重くするようなことは避けなければなりません。

 

Eclipseに慣れると危険!

Eclipseに慣れると危険

Eclipseを使っている会社もあれば、使っていない会社もあります。ですから、急にEclipseを使っていない会社で開発することになると大変です。

 

まとめ

これからJavaを使う人にとっては、Eclipseに触れる機会がどんどん増えていくことでしょう。Eclipseの全ての機能を知っておくと絶対に役立つはずです。

このブログでは、みなさんがEclipseをより使いこなせるようにわかりやすく伝えることを心がけています。よかったら他のEclipseの記事も見てください。

 

Eclipseをインストールしてみよう!

サトリク

次はいよいよEclipseをインストールしてみましょう!

インストールしている方は、基本の使い方に→スキップ

【5分で完了】MacにEclipseをインストールしてみよう!

 

マスターしたら、周りのエンジニアにこのページのURLを送ってあげよう!

この記事のURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です